iaf.bmp

エレーナ・イシンバエワ 女子棒高跳びA

“女版ブブカ”と呼ばれ、世界記録を更新

自らの世界記録を更新し続け「女版ブブカ」と呼ばれるエレーナ・イシンバエワ

5歳から器械体操を習い始め、15歳で棒高跳びに転向。
その後の活躍は周知の通り。
転向から半年後の世界ジュニア(18歳以下の世界大会)。
3m90で9位。
翌年1999年の世界ユース(17歳以下の世界大会)。
4m10をクリアして金メダルを獲得。
順風満帆。


初めての挫折は2000年のシドニー五輪(このとき18歳)。
当時自己ベストが4m20だったエレーナ。
シニア大会の壁に阻まれ予選落ち。
3年後、2003年の世界陸上パリ大会。
4m82の世界記録を擁していたものの4m65でまさかの3位に終わる。

その悔しさは2004年のアテネ五輪で爆発。
4m91の世界新記録で悲願の金メダルを獲得。
2005年 ヘルシンキで行われた世界陸上。
悪天候のなか5m01と自身が持つ世界記録を再び更新。
女性初の5mジャンパーとなった。


今年もすでに室内世界新記録(4m93)を樹立するなど絶好調。
大阪で行われる世界陸上では、
・米国のジェン・スタズィンスキを破れるか
・世界記録を更新できるか
以上2点が焦点となりそう。

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/52251778

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。