iaf.bmp

室伏広治 競技経歴

幼少時より英才教育を施され天賦の才能を発揮。
成田高校進学後よりハンマー投げに取り組む。
当時からほかの選手とは別次元の投てきを連発。

日本高校新記録樹立。

中京大学進学後、父の室伏重信のコーチングを受けて、ますます競技力を増強。
日本学生新記録・日本ジュニア新記録樹立。

1994年 広島アジア大会準優勝。銀メダル獲得。
1998年 群馬リレーカーニバルで父:室伏重信の日本記録を破る。
バンコクアジア大会では世界的な強豪・アブドゥヴァリエフを破り優勝
2000年 シドニーオリンピック。メダル候補と目されながらも9位に。
2001年 世界陸上での銀メダル、アジア大会2連覇を経て、
2003年プラハ国際で当時現役選手では最高となる
世界歴代3位:84m86のアジア新記録を樹立。
(上位2つは1980年代の記録)

万全の状態で臨んだ2004年のアテネオリンピック 。
82m91cmの記録を残し2位に。
しかし83m19cmの記録で1位となっていたハンガリーの
アドリアン・アヌシュにドーピング疑惑が浮上。
アヌシュはアテネオリンピック最終日の8月29日ドーピング違反で
失格処分となり金メダルを剥奪。
結果銀メダルだった室伏広治が繰上がり
投擲種目で日本人初のオリンピック金メダリストとなる。

2005年 ヘルシンキ世界選手権。体調不良で欠場。
その後も体調が回復しない為試合への出場は遠ざかる。

約1年ぶりの復帰戦となった2006年5月29日 
ゴールデンスパイク(オストラバ)と同年6月5日のプラハ国際。
今までのイメージを覆す丸刈りと髭面で試合に臨む。
ゴールデンスパイクでは79m82cm
プラハ国際では79m5cmでいずれも優勝

2006年7月21日 フィンランドで行われたフィンランド選手権に参加。
5投目に80m14cmの記録をマークし参加選手最高となる。

2006年7月26日 ヘルシンキ・グランプリ。
5投目に81m77cmをマークして優勝

2006年9月10日 シュツットガルトで行われたワールド・アスレチック・ファイナル。
ベラルーシのイワン・チホンを30cm差で下す81m42cmをマーク。優勝

2006年9月16日 アテネワールドカップ。今季自己最高の82m01cmをマーク。優勝


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。