iaf.bmp

室伏広治 男子ハンマー投げ

室伏広治 世界陸上初の金メダルを目指す

アテネ五輪金メダリストの室伏広治
世界陸上で過去に銀と銅のメダルを1つづつ獲得。
今回6度目の出場で初の金メダルを目指す。

確かに室伏広治は優勝に近いといえるが、
今回はライバルたちもツワモノぞろい。

室伏広治の今季最高は79m24。

対して、82m58をマークしたベラルーシのイワン・ティホンを筆頭に
多数のライバルたちが今季80mをマークしている。

今回は大阪。
戦い慣れた競技場という意味で室伏広治のアドバンテージは大きいかも。

優勝ラインは80mを超えるハイレベルな戦いになることが予想される。

【 コラム ハンマー投げ 】

ハンマーの重さは一般男子の場合 7.26kg。
ボウリング場にある中で最も重いボール(16ポンド)と同じ重さ。
そんな重い鉄球を時速100km以上のスピードで80mも放り投げる
あの人たち。。
ハンマー投げのトップ選手の怪力ぶりには驚かされますね。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/52369855

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。