iaf.bmp

室伏広治 メダル逃す

どうも実戦不足は否めなかったようです。
日本選手権以来今季2戦目となる1投目。
夜空に放たれた鉄球は、室伏広治の投擲とは思えない放物線を描いた。
左にそれて高度もない。

73メートル11

表情が曇る。
2投目。
スタジアムからわき起こった拍手。
ターンを安定させたことで77メートル25をマーク。
決勝進出条件(77メートル)はクリアしたものの
表情に笑顔はなかった。

「1投目は技術的に少しミスがありました。
徐々に試合に慣れていけば大丈夫でしょう。
予選は通ることが第一ですから」。
そうコメントする室伏広治

ホスト国の顔として臨む今大会。
プレッシャーは人一倍でしょう。
中京大大学院での博士号取得に向けた論文作成にも追われ
十分に練習を積めない時期もあったことだし。

特筆すべきはライバルたちが例年以上に強力だということ。
前回銀のデビャトフスキー(ベラルーシ)の82m94を筆頭に
9人が今季80mの大台を超えている。
室伏広治が日本選手権でマークした79m24は今季11位。
それでも五輪王者として臨む室伏に課せられた期待大きい。
わき起こった歓声がその証でしょう。

しかし残念ながら・・・・。
アテネ五輪金メダリストの室伏広治。
80m46で6位に終わりました。


室伏広治もスゴかったけど、周りもスゴかった。


この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/52944947

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。